初心者でもわかる無線LANの選び方

Wifiの通信速度は通信関連の計測サイトで

Wifiを導入する際に気を付けなければならないことの1つが通信速度です。

光回線のサービスを提供している通信関連事業者では理論上の最大速度で速さをアピールしていますが、実際にはその数字でのスピードはありえません。理論通りのスピードにならない理由はたくさんありますが、そのうちの1つは、1つの回線を自分1人だけでなくて、複数人で共有しているからです。従って有線接続時でも理論速度から大きく後退してしまいます。さてWifiは無線LANでの無線接続をしていますが、無線接続になると有線接続よりもさらに速度が落ちてしまいます。

Wifi利用時の速度がどのくらいかはいろんな通信関連の業者さんがスピードテストなるタイトルなどで無料で速度計測を受け付けています。それらの通信関連のサイトで速度テストを行うと通信速度はどんなに状態がよくても理論速度の2割くらいしか出ません。しかも時間帯が夕方とか夜間帯など多くの人が利用するであろう時間帯ではさらに速度が落ちて10とか15パーセントくらいしか出ないことも頻発してきます。

もう1つ注意しておかないとならないのは、無線LAN端末やパソコン自体が古すぎていないかです。昔の無線LAN端末の中には無線規格で11bしか対応していないのもあります。11bというのは理論上で最大11Mbpsしか出ませんが、実際にはさらに低い4Mbpsしか出ないことになります。なので通信速度を向上しようとすれば新しい無線LAN装置とパソコンを用意することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *